Posts Tagged ‘コンセプト設計’

ガラスクリーニングロボットと未充足ニーズ

Written by KFS on . Posted in ラテラル・ラテラル

ガラスクリーニングロボット (自動窓拭き器)

名前(型番):Hobot-168

製造元:株式会社 環境技研

販売元:ツカモトエイム株式会社

愛称:もじゃ (社内での呼称:なんとなく、動きが“もじゃもじゃ”してるから?)

友達:ルンバ


ガラスクリーニングロボットに学ぶ、
身近な日常にある未充足ニーズ&インサイト

“私が欲しかったのはまさにこれ! やるじゃない?
すごい、私以上に、私が欲しいものが何かをわかってる!

12月のこの時期に、いや、この時期だからこそ、期待の新人(?)がやってきました。

KFSでは、オフィスの掃除はみんなの仕事、大掃除だってみんなでやります。

そこでついに登場したのが、この「ガラスクリーニングロボット」。
簡単に言えば、AIセンサー搭載の自動で窓拭きをしてくれる機械です。

「一体、なにこれ?」「また、大庭先生が趣味に走った・・・」などと皆が注目する中でのお披露目デビューでしたが、

 

へー、ほー、何これ、すごい!!

 

私は、この商品について全く知らなかったので、大感動、「あ~、やられた!」感でいっぱい。

 

あ~、こんな身近なところに、私の“未充足ニーズ”に応えてくれる、“インサイト(購買を動機付けるピンポイント)”にぴぴっとくる商品があったなんて・・。

ルンバを初めて見たときも感動したけれど、これはさらにそれを上回ると、またまた、感激してしまいました。

 

あ~、いいな、こういう、自分の“未充足ニーズ”に気付かされる商品・・・。

 

未充足ニーズとは?-改めて説明

 

未充足ニーズとは、今までの世の中にある製品やサービスでは満たされない/満たすことが難しいニーズのこと。

特に、最近、商品のライフサイクルが成熟期に入っていると考えられている家電の分野から、

ラテラル・シンキング

Written by KFS on . Posted in ラテラル・ラテラル

ラテラルシンキングとロジカルシンキング

多角的な視点から、
問題を新しい枠組みで捉える
水平志向のラテラルシンキング。
ロジカルとラテラルを組み合わせると、もっと、ビジネスは楽しくなる

≒水平思考
≒イノベーション・シンキング
≒クリエイティブ・シンキング
≒右脳型

 


ラテラル・シンキングとは?

横道に逸れることって案外、ダイジ

ラテラル・シンキングとは、問題解決にあたって、

「思考の幅を広げて、課題を新たな別の視点で捉えなおすことで、新しい発想を得ようとするための考え方」です。

筋道を立てて論理的に回答を導き出す」=垂直方向(垂直:vertical)にロジックを掘り下げていくロジカル・シンキングに対して、

発想を横に広げていくこと(水平:lateral)で解を求めていく方法のため、ラテラル・シンキングは、「水平思考」とも呼ばれています。