ラテラル・シンキング

Written by KFS on . Posted in ラテラル・ラテラル

ラテラルシンキングとロジカルシンキング

多角的な視点から、
問題を新しい枠組みで捉える
水平志向のラテラルシンキング。
ロジカルとラテラルを組み合わせると、もっと、ビジネスは楽しくなる

≒水平思考
≒イノベーション・シンキング
≒クリエイティブ・シンキング
≒右脳型

 


ラテラル・シンキングとは?

横道に逸れることって案外、ダイジ

ラテラル・シンキングとは、問題解決にあたって、

「思考の幅を広げて、課題を新たな別の視点で捉えなおすことで、新しい発想を得ようとするための考え方」です。

筋道を立てて論理的に回答を導き出す」=垂直方向(垂直:vertical)にロジックを掘り下げていくロジカル・シンキングに対して、

発想を横に広げていくこと(水平:lateral)で解を求めていく方法のため、ラテラル・シンキングは、「水平思考」とも呼ばれています。

ホムンクルス

Written by KFS on . Posted in ラテラル・ラテラル

ホムンクルス(Homunculus):ラテン語で小さな人の意味

ペンフィールドのホムンクルス
ペンフィールドのホムンクルス

 

思考のエンジンとホムンクルス

「考えるコツ」について考えてみた

企画会議、アイディアブレスト、ワークショップなどなど。

一人で行うか、少数グループで行うか・・。

形態やテーマは色々あれど、ビジネスの場面において、「思考のエンジンをかけて、何かを生み出す」というプロセスは、日常の一コマです。

 

その際の「アイディアを考えるコツ」「思考に没入するコツ」って、あるのでしょうか?

あるとしたら、どんな方法なのでしょうか? 

私の場合は、一人で何かを考える際はもちろん、チームでの社内会議や、お客様と一緒にワークショップで意見交換する際も、何かを考える際は、「ホムンクルス」の絵を頭に思い浮かべます。