Author Archive

KFS

マーケティングリサーチ・調査ソリューションの専門会社、株式会社KFS(ケイ・エフ・エス)。 創造性は顧客を深く知ることから始まる。 インサイト理解のためのインタビュー調査、定量調査と定性調査を組み合わせた統合型ハイブリット調査まで。コンセプト創出~受容度検証、価値創造ソリューション

「楽しそう」の組織要件

Written by KFS on . Posted in Uncategorized

多くの企業、多くの方と、色々なプロジェクトに参画させていただく機会がありますが、「あ~、このプロジェクトはうまくいきそう」というのは、なんとなく、わかるように思います。

簡単に言えば、やっているメンバーが”楽しそう”なこと。

”楽しそう”というのは、もちろん、即物的に、「ディスカッションが充実している」とか、「チームメンバーの仲が良さそう」とか、色々あるのですが、要は、”メンバーのモチベーションが高い”という意味です。

モチベーション(motivation)とは、本来、「動機付け」や、「やる気を起こさせる内的な心の動き」と訳されます。

「やらされている」のではなく、「やりたいことをやっている」チームは、やっぱり「楽しそう」です。

働き方改革など、個々の働き方に関する意識が変わっていく中で、仕事に対する温度差も、実はそれぞれ。
その中でプロジェクトを同じ方向にまとめていくというのは、実は、とても難しい。

皆さん、大人なのであまり表に出さないものの、乗っているチームと、乗っていないチームというのは、やはり違うように思います。

KFSでは、社員意識調査や、組織診断も得意としておりますが、「楽しそう」なプロジェクトの組織要件として、大事なものは、実は、以下の4点ではないかと考えています。

    1. Mission(ミッション):仕事に対する意義・思い
      ・自分の目指すべきところ、やろうとしていることの意義や、価値。それが与える力。
      ・良いリーダーは、チーム内に、ビジョン( 想い)を一つにして力を発揮する方向を揃える=共感、浸透を支える仕組み作りがうまいです。
    2. Passion(パッション):ミッション実現に向けての情熱
      ・ミッション実現に向けての一人ひとりの情熱のレベル。温度感
      ・個々の社員の仕事に対する熱意を伸ばす&社員を委縮させないチーム運営/仕組み
    3. Session(セッション):チーム相乗効果・部門間連携・周囲からのサポート
      ・チームとしての協業、部門間の連携レベル。
      ・それぞれの役割と個性を認めて承認しあう関係(ダイバーシティ)
      ・組織全体としてチームワークを促す仕組み、組織内の縦・横に強いT型人材の存在
      ・プロジェクトに関する上層部や関連部門のサポート
      ~結構、ここで挫折するケースも多いのが難点
  • Emotion(エモーション):感動・ストーリー、心を揺さぶる仕組み
    ・組織が扱っているのは人間であるということの理解度(人の心)
    ・人を熱くさせる、気持ちを高ぶらせるコミュニケーションや取り組み
    ~顧客の実際の声を聞く機会の提供、思いがけない●●など

 

この最後の「Emotion」というのは、恥ずかしいような気もするのですが、実は、ちょっとしたお客様の現在のお悩みの声だったり、感謝の声が、「このプロジェクトを成功させたい」という思いに繋がっているように思います。

それは、KFSの仕事も同じ。

エンジンは常にある程度、温めていかないと、いきなりフルスロットルにはなりませんね。

4つの-sionを温めて、仕事に邁進せねば・・。
es1

ホムンクルス

Written by KFS on . Posted in ラテラル・ラテラル

ホムンクルス(Homunculus):ラテン語で小さな人の意味

ペンフィールドのホムンクルス
ペンフィールドのホムンクルス

 

思考のエンジンとホムンクルス

「考えるコツ」について考えてみた

企画会議、アイディアブレスト、ワークショップなどなど。

一人で行うか、少数グループで行うか・・。

形態やテーマは色々あれど、ビジネスの場面において、「思考のエンジンをかけて、何かを生み出す」というプロセスは、日常の一コマです。

 

その際の「アイディアを考えるコツ」「思考に没入するコツ」って、あるのでしょうか?

あるとしたら、どんな方法なのでしょうか? 

私の場合は、一人で何かを考える際はもちろん、チームでの社内会議や、お客様と一緒にワークショップで意見交換する際も、何かを考える際は、「ホムンクルス」の絵を頭に思い浮かべます。

 

 

ラテラル・シンキング

Written by KFS on . Posted in ラテラル・ラテラル

ラテラルシンキングとロジカルシンキング

多角的な視点から、
問題を新しい枠組みで捉える
水平志向のラテラルシンキング。
ロジカルとラテラルを組み合わせると、もっと、ビジネスは楽しくなる

≒水平思考
≒イノベーション・シンキング
≒クリエイティブ・シンキング
≒右脳型

 


ラテラル・シンキングとは?

横道に逸れることって案外、ダイジ

ラテラル・シンキングとは、問題解決にあたって、

「思考の幅を広げて、課題を新たな別の視点で捉えなおすことで、新しい発想を得ようとするための考え方」です。

筋道を立てて論理的に回答を導き出す」=垂直方向(垂直:vertical)にロジックを掘り下げていくロジカル・シンキングに対して、

発想を横に広げていくこと(水平:lateral)で解を求めていく方法のため、ラテラル・シンキングは、「水平思考」とも呼ばれています。

コントラスト効果

Written by KFS on . Posted in リサーチと行動経済学

始めか、後か、それが問題だ
マーケティングリサーチとコントラスト効果

目次

コントラスト効果とは

人が認識をする際に用いるルールの1つで、2番目のものが最初のものとかなり違うと、実際よりももっとその差を大きく考える傾向がある、ということ
(出典:「影響力の正体」ロバート・B・チャルディーニ 著

 

氷で冷やした冷たい手で触る常温の水は、水だとわかっていても、なんだかとても暖かく感じます。

一方、サウナの後の水風呂の冷たさ。

これと同じように、何かを認識する際に、人はその前後の比較によって、物事を判断する傾向にあり、先立つ条件次第で同じものも違って見えてくることを指す用語です。

 

個人的には、同じチャルディーニの本の中の説明にある「スーツを先に売れ理論」と言われる方がわかりやすい感じがします・・・。

簡単に言えば、

ネットリサーチのページを更新しました

Written by KFS on . Posted in KFSからのお知らせ

以下、ネットリサーチに関するページをリニューアルしました。

 

  • KFSのネットリサーチ
    KFSは、 定量調査と定性調査を組み合わせ、マクロ視点、ミクロ視点の双方から、問題解決の糸口(成功の鍵-社名でもあるKFS)を探るアプローチを得意としています。
    定性調査の調査手法として、代表的なインターネットリサーチに関するKFSの基本的な考え方をまとめています。
    KFSのネットリサーチの基本コンセプトは、「GIGO(Garbage In, Garbage out.=「ゴミを入れれば、ゴミが出てくる」。
    データを集めるのがどんどん簡単になってきているからこそ、企業のマーケティング活動に”使えるデータ””判断に活かせるデータか?”という視点が大切になってくるのではないでしょうか?
    →KFSのネットリサーチ(詳しくはこちら) 
  • ネットリサーチにおけるKFSの7つの特長
    ネットリサーチにおける調査設計~実査~報告書作成~報告会の開催や調査実施後のワークショップ開催までの各ステップごとに、KFSの取り組みや考え方について、詳細にご紹介しています。
     →詳しくはこちら